8.3.- 静水圧

流体力学の一分野で、流体が容器の中にあり、液体の安静状態や運動状態を変える力がないときに起こる挙動や関連する現象を研究します。逆に、流体力学は流体の動きを研究します。

もっと見る

水静学はパスカルの原理とアルキメデスの原理に基づいています。パスカルの原理は、「容器の中に閉じ込められた流体の中では、圧力は全方向に等しい強さで伝わる」としています。同様に、アルキメデスの原理では、「身体が流体に浸されているとき、身体には、それによって外された流体の重さに等しい上向きの力が作用する」とされています。これらの原理から、流体静力学の基本方程式が定義されています。

dP = ρ g dh

どこだ

P: 流体中の一点の圧力。

ρ:流体密度。

g: 地球の重力加速度。

h: 高さ。

この式は、流体内の静水圧が、考慮されている基準点における流体の密度、深さ、重力に正比例することを説明しています。

水理学では、液体の特徴として、凝集力、表面張力、付着力、毛細管性などが挙げられます。これらの特性は、ブレーキ、プレス、油圧リフト、水路やダンプなどの構造物のサイジング、造船などの静水圧研究に基づいたアプリケーションに非常に考慮されています。

製品を見る
静水圧 UNITS
1-2 を表示中 合計 2 商品
UNIT TO STUDY STABILITY IN BOATS - USSB
  • USSB
Available
8.3.- 静水圧
USSB

Unit to study Stability in Boats

The Unit to study Stability in Boats, "USSB", has been designed to study the stability and hydrostatics of ships. Besides, the buoyancy of the floating body, the metacenter and the center of mass can also be determined. The unit consists of a...
リクエスト情報